フライト キャプテン。 『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』は英雄譚ながら“チーム”を讃えるリアル志向の航空パニック!

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話 : 作品情報

2017年には、ジョン・ウー監督のマンハント』に福山雅治とW主演した。 リィアン機長役のドゥー・ジアンは「リュー機長、リィアン機長、シュ副操縦士は風速800メートルの中耐え抜きました。 今回解禁されたメイキング映像は、リュー機長役のチャン・ハンユーが「2018年5月14日の事故は広く知られています。 一方、いわゆるポップコーンムービーであるから、事故の様子は派手に描かれる。 興行収入450億円を突破するメガ・ヒットとなった。

もっと

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話

観客は、航空機運用の裏側を興味深く眺めながら、登場人物たちにゆっくりと共感できる仕組みである。 現場のセットを見たリュー機長が「本物っぽい」と感想を漏らしたり、彼らが自分を演じた役者たちと交流する様子などが映し出されている。 地上1万メートル、氷点下30度。 肩にばかり力が入っている作品とでも言いますか。 2018年に中国で起きた飛行機事故を映画化したパニック・アクション作『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』より、メイキング映像が解禁。

もっと

ぜひ4DXで見たかった。|フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話

重慶市からラサに向かう四川航空3U8633便。 リュー機長をはじめとする9名のクルーは、乗客119名を乗せて飛び立った。 2018年5月14日、リュー機長(チャン・ハンユー)をはじめとする9名のクルーは、重慶市からチベット自治区のラサに向かう四川航空3U8633便に乗客119名を乗せて飛び立った。 2018年5月14日。

もっと

フライトキャプテン|ネタバレやあらすじ!中国や他の国の評判は?

地上スタッフ等のお仕事紹介みたいな緩い展開。 興行収入450億円を突破するメガ・ヒットとなった。 辛うじてチェンの体を掴んだリュー機長だったが、氷点下30度の冷風が前方から激しく吹き込み、圧力を失った操縦室は自動操縦も不可能に。 あらすじ 2018年5月14日、中国・重慶市からチベット自治区のラサ市に向かう四川航空3U8633便が、リュー機長(チャン・ハンユー)ら9名のクルーと119名の乗客を乗せて出発する。 この映画は、そんなハリウッド映画の牙城に中国の国産映画が真っ向から挑んだ記念すべき作品といえる。 しかし、事故調査委員会はサリーの究極の決断に疑惑を掛け、度重なる追及によって追い詰める。 現在、中国映画には、積極的に国外に出て行かないこうしたエンターテイメントの大作が幾つもある。

もっと

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話

マーシャルアーツとコンピューター・アニメの特殊効果を融合させたことでもよく知られており、『風雲 ストームライダーズ』(1998年)や、『レジェンド・オブ・ヒーロー 中華英雄』(1999年)などがその最たる例である。 2018年に中国で起きた飛行機事故を映画化した『The Captain(英題)』が、邦題を『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』として6月26日より公開されることが決定した。 これは、現代の中国西部を初めて描いた作品である。 5em 1em;background: 888;color:white;white-space:nowrap;overflow:hidden;text-decoration:none;-moz-opacity:. ……と思い込んであとで調べてみたのだが、意外とそうでもなく、まさに事実は小説より奇なりで驚かされた。

もっと