離婚 届 郵送。 離婚届の必要書類|離婚の種類ごとに徹底解説!

離婚届の入手(もらう)方法から正しい書き方や提出の流れまで徹底紹介!

ただ、離婚届を提出する場合には、訂正が入ることが多く、郵送しても不備があって不受理になる確率が高いものです。 その為、なるべくなら直接届けた方がいいでしょう。 1 離婚届の郵送提出 離婚届は、原則として郵送で提出することができます(戸籍法47条参照)。 ただ、上記で説明した入手にかかる日数(当日~数日)というのは、婚姻時の住所地の役場に「離婚届」を出した場合です。 離婚届を提出するのは、それらがすべて終わった後です。 婚姻中、一度も同居していない場合には、どちらも記入しません。 またはダウンロードしたデータをUSBメモリなどに移し、それをコンビニのプリンターに接続しプリントアウトする方法等があります。

もっと

離婚届を郵送で提出しよう!注意すべき6つのポイント

Contents• 但し、遠方まで取りに行かなければならない手間というデメリットがあるのは否めません。

もっと

離婚届はダウンロードできるけど郵送で取り寄せれば恥ずかしくない

親等の健康保険の被扶養者となる• 6、離婚届が不受理にならないために!離婚届の書き方と必要書類について 先ほど述べたように、離婚届に不備があると役所に出向いて訂正しなければなりません。 どちらが親権者になるかで争っているが、早く離婚を成立させたいばかりに、仮の親権者を決めて離婚して、その後に決めるという流れです。 多くの場合、戸籍課でもらうことができますが、その役場によって住民課だったり、市民課だったりします。 ご自身が会社に就職して健康保険に加入する• 郵送による必要書類 離婚届を郵送で提出する場合、以下の書類を添付しなければなりません。 夫妻の職業(平成17年国勢調査時) 番号 職業分類名 01 専門・技術職 02 管理職 03 事務職 04 販売職 05 サービス職 06 保安職 07 農林漁業職 08 運輸・通信職 09 生産工程・労務職 00 無職 こちらの記事も読まれています• 離婚前の名字を記入 本籍地• 離婚届の記入例 離婚届の記入例を見ていきます。

もっと

離婚届をもらう場所や時間。郵送やダウンロードはできる?

戸籍係および各出張所で配布しております。 実印を用意しなくとも認印で大丈夫です。 離婚届の 用紙の入手はどこでできるのでしょうか、そして提出先はどこになるのでしょうか? また離婚届は郵送でやり取りできるのか、第三者が提出をしても受け付けてもらえるのか確認をしていきましょう。 片方だけが提出した場合、後で提出に行かなかったほうには離婚届受理通知が届きますので心配ありません。 市区町村の国民健康保険に加入する のいずれかの選択肢を取ることとなるでしょう。 離婚届提出時の住所を住民票のとおりに記入(番地の省略などはNG)• 」、「先に離婚してから考えればいいんでしょ。

もっと

離婚届を郵送で提出しよう!注意すべき6つのポイント

協議離婚:離婚届(夫婦及び成人2名の証人が署名押印済みのもの) 調停離婚:離婚届(夫婦一方の署名押印で足る)、調停調書の謄本 審判離婚:離婚届(同上)、審判書の謄本と確定証明書 判決離婚:離婚届(同上)、判決書の謄本と確定証明書 和解離婚:離婚届(同上)、和解調書の謄本 前述のとおり、本籍地以外の役所に郵送する場合、戸籍謄本も必要です。 婚姻前の氏にもどる者の本籍と筆頭者の氏名• 申請書を窓口に提出した場合、離婚届受理証明書を即日発行してもらえることもあります。 ですので、自宅のPCでダウンロードしてそれをSDカードやUSBに保存してコンビニのコピー機で印刷することをおすすめします。 119• ただし、これはちょっと危険な賭けでもあります。 離婚届受理証明書は代理人による請求もできる? なお、元夫が戸籍に離婚の事実が記載されていることを嫌って転籍する 本籍を移す ことがあります。

もっと