狐 化ける。 なぜ狐は女性に化け、人を騙すのか?キツネという存在は神か妖怪か

なぜ狐、狸は人を化かすといわれているのか

作の児童文学。 狐の登場する物語作品 [ ] 『武王伐紂平話』や『封神演義』などに登場する千年狐狸精・九尾狐は、日本などアジア各地の物語作品にも影響を与えている(の項目参照)。 狐の場合やはり古代中国の九尾の狐の伝説などの有名な伝承の影響によるものではないかと考えていますが狸の場合はその手の伝承をきいたことがありません。

もっと

動物の妖怪

自分も会社を休み2日間捜索し、結 局その男が見つからなかったので、町内会員達の捜索は一旦打ち切った。 しかしこいつは復活し、インドで国家を揺るがし、周国に戻り王妃となって復讐を遂げます。 たぬきときつねは化ける由来は? たぬきやきつねが化けると言いますが、あなたはどう思いますか? 「いや、みんながそういうから・・・」なんて思ったり。 百歳為美女,為神巫,或為丈夫與女人交接,能知千里外事,善盅魅,使人迷惑失智。 狐は化けるのかというと、化けないのです。

もっと

海外の民話に詳しい方、どうかお答え下さい。日本の民話や昔話では、山中な...

その特徴は、 狐の方は何か悪い目的が有って化けることが多い。 二階堂善弘 『封神演義の世界 中国の戦う神々』 大修館書店 1998年 60-72頁• 誰もキツネのを知らないとし、それをあてずっぽうに想像するという趣向。 日本の昔話は基本的に庶民の間で広まった民間伝承であり、日本神話がルーツにあるものやオカルトのみならず、庶民の日常のこぼれ話や笑い話や教訓など、その内容や用途は多岐にわたります。 沿いの高岡という小さな丘で、に化けてわざとゆっくりと走り、それを見つけた人は格好の獲物と思って追いかけた挙句、高岡を何度も走り回る羽目になったという。 古代日本においても、全身の毛の白い狐(白狐)黒い狐(黒狐・玄狐)は瑞獣として扱われていたと見ることが出来る記述があり、黒狐は『』5年()の記事に見られ、朝廷に献上され、祥瑞を説いた書物に「王者の政治が世の中をよく治めて平和な時に現れる」と記されていたと報告され、万民の喜びとなるだろう旨の記述がある。

もっと

狐や狸が人を化かすという話って元はどこから発祥したんでしょうか...

また、その後の人達によりこの白狐は「白蔵主稲荷」として奉拝された。 また、動物が不思議な能力(特殊能力)を持つというのは、異民族が持つ特殊な技術を暗に意味している場合がある。 今日ルナール(renard)がフランス語で「狐」を意味するのはこの物語に由来する。 年を経た狐狸は妖怪となって九尾の狐となるのですが、紀元前11世紀にとんでもなく邪悪な奴「白面金毛九尾の狐」が登場しました。 このころから狐に悪狐が登場し、ある種の精神病を狐の仕業とし、法力で治せるものと宣伝された。

もっと

狐ばかりがなぜもてる、お狸様を忘れるなっ!

人間に家を壊され、森を逃げ出したこぎつねの物語。 同文では善狐の種族には天狐・金狐・銀狐・白狐・黒狐の5種が存在しているとされている。 また曰く、「地雷(つちいかずち)なり」といふ。 大阪では油揚げを乗せたうどんを きつねと称する。 この御伽婢子 おとぎぼうこ というのは短編集で、原話は中国の怪奇小説です。 佐渡ヶ島中の狸を子分としていましたが、「関の寒戸(かんど)」「禅達(ぜんたつ)」「才喜坊(さいきぼう)」「おもやの源助」の4匹が四天王として知られています。

もっと