ジョニー トー。 『七人楽隊』 Septet: The Story of Hong Kong

映画「映画監督 ジョニー・トー 香港ノワールに生きて」公式サイト

ギリシャ債務危機をきっかけに世界中に広がった金融危機をバックに、顔も知らない男女の行動が、知らずと影響を与え合っていく展開に圧倒される。 每當變幻時 2007• ちなみに日本公での予告編でも「中国公安警察の実態を描いた禁断の野心作!」と、宣伝文句が麻薬組織より公安側のヤバさに傾いていた。 いつものイ先生のやり方だ。 1996• その執念と執念がぶつかり、最後の路上での銃撃戦に至るのだが、見返して改めて狂気の宿る作品であるとの感想を持った。

もっと

映画「映画監督 ジョニー・トー 香港ノワールに生きて」公式サイト

監督作品 [編集 ] テレビドラマ [編集 ]• 2009• フランス人映像作家イヴ・モンマユールが8年間にわたりトー監督とその周囲に密着。 ホワイト・バレット - 三人行 2016• 70年代にモデルとしてデビューした後、TVドラマに出演するようになり人気スターとなる。 恐怖雞 1997• ) 狂気宿る、ジョニー・トー監督のオリジナル版『ドラッグ・ウォー 毒戦』 10月4日から韓国映画『毒戦 BELIEVER』が公開となる。

もっと

韓国映画『毒戦 BELIEVER』、香港版との違いは?二人の男描くノワール作

車手(2012、製作 (監督:ソイ・チェン)• - (英語). 日本では、2011年にと大阪アジアン映画祭にて『ジョニー・トーは戦場へ行った』のタイトルで上映、その後、邦題を変更し一般公開された。 僕たちは天使じゃない - 八星報喜 1988• テンミンの執念は、香港(自分)は中国(ジャン警部)にのみこまれてはいけないという気持ちとつながっていて、それでも飲み込まれてしまうしかないほどに恐ろしいからこそ食い下がってはいけないということなのかなと、2019年の今だからこそ思えたのだ。 闇組織のボスを銃撃して逃亡した一人の親友をめぐり、敵と味方に分かれた幼なじみたちが、中国返還が迫るマカオで再会。 監督自身も美食家というだけあって、出てくる料理がどれもおいしそうなのも魅力的だ。

もっと

韓国映画『毒戦 BELIEVER』、香港版との違いは?二人の男描くノワール作

- 黒社會 2005• 映画『奪命金』は新宿シネマカリテにて2月9日より公開(全国順次公開) こちらもトー組の常連リッチー・レンも登場! C 2011 Media Asia Films BVI Ltd. 1979 映画 [ ]• また、普段は男同士の「情」を描くジョニー・トーが、テンミンと公安のジャン警部とが協力して捜査をするにも関わらず一切の「情」を描かなかったことにも意味があるのではないかとも思った。

もっと

ホワイト・バレット : 作品情報

2009年5月にはフランスから「Commander on the order of the Arts and Letters」(芸術文化勲章)を授与される。 デッドエンド 暗戦リターンズ - 暗戦2 2001• - 意外 2009、製作 (監督:)• イエスタデイ、ワンスモア - 龍鳳鬥 2004• - 孤男寡女 2000• 1955年香港生まれ。 85年に映画デビュー。 風よさらば 天若有情II 1993• また主人公たちを狙う殺し屋たちと図らずも家族ぐるみのバーベキューを囲むことになる場面では、私怨を超えたプロ同士の駆け引きと悲壮を感じさせている。

もっと