その 折。 ビジネス上での「そんな折」の意味や使い方、英語表現を詳しく解説

「折を見て」の意味と使い方を例文付きで!「折に触れて」との違い、類語、英語も

「その節は」という言葉は会話の中でよく使われる言葉ではありますが、メールや手紙などでも使用することができます。 6 連歌・俳諧で、懐紙の1枚(表・裏)をいう語。

もっと

その節はの意味は?その折やその際との違い・目上やメールでの使い方も

ただ慣用的には「その折」は過去にも未来に対しても使われているようだ。 繰り返して行われることに使い、「いつも」という意味を持ちます。 「以前」 「以前」も「その節」も過去のことに対して用いる言葉ですが、「以前」は遠い過去の出来事に対して使います。 そんな折、御社の情報に触れる機会(説明会、ホームページ、パンフレットなど)を得ました。 厳密に言えば、辞書的な意味では 「その節」も 「その節はよろしくお願いします」というように 「未来のある時点」を示すことができますが、実際の用例では 「過去のある時点」を示すことが多くなっているのです。 このように、「そんな折」と「そんな状況」は似ていますが、意味や使い方が異なります。 「時」を使うと、その瞬間のことまでさし、用途的には幅広く使えます。

もっと

「その折」と「その節」の違い: 言葉拾い

」という意味が含まれています。 日常生活でも用いられますし、ビジネスでも頻繁にその使用が見られる非常に汎用性が高く便利な表現です。 折り詰め。 この〇〇の資格と〇〇の力を活かせる企業で働きたいと思い就職活動をしていましたが、そんな折、御社の説明会に参加しました。

もっと

「その折」と「その節」の違い: 言葉拾い

目上の人に対して「そんな時」を使いたい場合は「そんな折」に言い換えるのが良いです。

もっと

「その節は」の意味・例文6コ・「その折は/その際は」との違い

・そのような折りにはこちらからお伺いさせていただきます。 新しい環境での生活にだんだんと慣れてきた。 とある方の解説では、「その折」は「特定のタイミング」(面会等)を強く意識した使い方が多い、と書かれていた。 「その節は」も「先日は」も過去のある時点を表すという点では共通していますが、「以前は」と使用し際の方が若干カジュアル、そして「その節は」と表現した際よりもそれが起きたことを特定しすぎない響きがあります。

もっと

【 節】 と 【折】 と 【際】 はどう違いますか?

この業界の仕事は未経験ですが、ぜひチャレンジさせていただきたいと思い、志望いたしました。 1 過去のあの折。 「折を見て」は、いつになるか、実行するのかはっきりと約束せず、言葉を濁したい際に使うこともあります。 「そんな折」は、相手に失礼な印象を与えることなく、安心して使える表現の一つです。 」 と、「過去の」と明確に記されている。

もっと

その節はの意味は?その折やその際との違い・目上やメールでの使い方も

「砌」は雨滴の落ちる寸前の「水限」(みぎり)から来ています。 「そんな折」は日常会話で使うことは少ないですが、ビジネスシーンで使われることが多いです。 1 折り重ねたものを数えるのに用いる。 その意味や使い方、ビジネスで使う場合に気をつけることをご紹介しています。 「その折」とは? [名] 1 折ること。

もっと

「その節は大変お世話になりました」の使い方!「その節」の意味や類義語も解説!

言葉とは、相手がどのように受け止めるのかがすべてなので、否定的な意見が存在する言い回しは使わないのがベターと言えます。 「折を見て」の意味は 「都合の良いときに」「時期を見計らって」となります。 ご多忙の折、ご面倒なお願いを致しまして誠に申し訳ありません」や「先だって御社の近くを通りかかった折、新たに建築された事務所を拝見いたしました」などのような文章で用いられています。 ですがどちらも同じ意味ですので問題はありませんよ。 そんな折の意味は「特定の時期」 そんな折は「特定の時期」という意味で使うことができる言葉です。 「折を見て」は「次の機会に」「後ほど」という意味ではなく、「適当な機会を見つけて」「もし都合が良ければ」という意味を持ちます。 ありがとうございました。

もっと