阪 大 ワクチン。 冬に入りコロナ増加へ、大阪産ワクチン「大規模治験の予定」(world.yamanekobo.com)

WT1ペプチドを用いたガンの免疫療法の臨床試験・医師主導治験

大阪府民は全国で最も外出自粛し、新規発症者は減少してきている。 一方、世界市場ではメガファーマ4社がシェアの7割を握り、寡占化が進んでいます。

もっと

WT1ペプチドを用いたガンの免疫療法の臨床試験・医師主導治験

一連の研究、開発で早くても5年、長いものでは20年から25年かかるほか、動物実験の段階で効果があるとされても、その後の臨床試験で人への有効性や安全性が十分ではないと判断され、開発が中止になるケースもあり、数多くの研究の中から実用化にこぎ着けるのはわずかだとされています。 今回のような緊急事態にはDNAワクチンは非常に適している」と有用性を強調する。 プラスミドDNAを大腸菌に入れ、大腸菌を大きなタンクで大量に増やして抽出する手法のため、1か月で数十万人分の生産を可能とし、製造はタカラバイオが行う。

もっと

新型コロナウイルスDNAワクチンの作製に着手 大阪大学の研究グループ

普通は注射針で筋肉か皮下に入れるが、今回は、大阪大が企業と共同開発し、火薬を使った「パイロドライブインジェクター」をDNAワクチンの治験で使う可能性がある。 もちろん課題はあり、抗体をつくる能力が若干弱いとされている点は今後改良していきたい。 安全性で懸念されることの一つが、ADE=抗体依存性感染増強という現象です。 大阪府としても、後方支援で開発に協力したい」と語った。

もっと

アンジェスが新型コロナDNAワクチンの阪大医学部附属病院での第1/2相臨床試験における全接種を予定通り完了

3月に会見した大阪大学の森下竜一教授とアンジェスの山田英社長、タカラバイオの峰野純一取締役(左から) 大阪大学発のバイオ企業であるアンジェスは5月25日、大阪大などと共同開発している新型コロナウイルスに対するDNA(デオキシリボ核酸)ワクチンについて、3月26日から行っている動物へのワクチン投与で、抗体価上昇が確認できたと発表した。 常に感染の危険にさらされている医師らを対象に行う。 コロナウイルスのワクチンの卵での培養も成功していないことから、製造の見通しが立っていない」と同様の見解である。

もっと

ワクチン学

厚労省のタスクフォースの提言には、ワクチン産業に対する厳しい指摘が並びます。 武田薬品や第一三共が製造を手がけるのに対し、アステラスはワクチンの生産機能を持っていません。 また、研究員の三里一貴さんが、第34回日本DDS学会学術集会において、優秀発表賞を受賞しました。 しかも製造コストも安価で済む。

もっと

国産ワクチン21年春にも実用化 コロナ用開発進める大阪大大学院・森下教授(総社市出身):山陽新聞デジタル|さんデジ

不正製造の発覚を受け、厚労省は繰り返し化血研の「解体」を明言。 今後、毒性試験結果を確認した上で、速やかな臨床試験への移行を進めるとしている。 製薬会社が、ワクチン開発に尻込みする(メタボ教室第 772 段「本庶佑 3 つの提言」)のが理解できた。 3倍に。

もっと

大阪大などが開発着手、新型コロナワクチンの効き目は?:日経ビジネス電子版

「皮下だけ」「筋肉まで」など、投与する深さを調整できる。 WT1タンパクは、449個のアミノ酸からなるタンパクです。

もっと

吉岡ラボのホームページ

新型コロナウイルスのSタンパク質も、従来のコロナウイルスと比べて変異しておらず、Sタンパクを抗原とした新型コロナ感染予防DNAワクチン開発を進めている。 ワクチン開発に詳しい東京大学医科学研究所の石井健教授は、新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験が国内で初めて、大阪で始まることについて「臨床試験が始まったことはゴールではなくて始まりと言える。

もっと