往時 茫 々。 泉鏡花 化銀杏

たる翻譯成中文,たる的中文意思,日翻中

少年も 噴出 ( ふきい )だしぬ。 漢詩以外に、教養として琴棋書画を少しかじってみたいと思っています。 農ヶ池を玉池と誤記した事に就ては「登山談義」を参照して頂きたい。 日本では、「愛情」を主題とするのが、共通の理解となっている。

もっと

長恨歌

後藤新平は、死ぬ間際に「金を残すは下、事業を残すは中、人を残すは上」と言ったそうですが、私は金も事業も人も残していないので、下の下かもしれません。

もっと

【茫々】 : 575筆まか勢

お貞は気に懸けたる 状 ( さま )もなく、かえって同意を表するごとく、 勢 ( いきおい )なげに歎息して、 「誰が見てもちがいはないねえ。 明治十四年に登山した高橋白山の記行には、「戸台戸三、口十二」とあるが、其後一戸を減じたものか、二戸しか無かったように思う。 」 お貞はまじめに 弁解 ( いいわけ )して、 「はい、ですから 切前 ( きりまえ )に帰りました。 」 「無論さ。 それで 高帽子 ( たかじゃっぽ )で、羽織がというと、 縞 ( しま )の 透綾 ( すきや )を黒に染返したのに、五三の何か 縫着紋 ( ぬいつけもん )で、少し 丈不足 ( たけたらず )というのを着て、お召が、 阿波縮 ( あわちぢみ )で、 浅葱 ( あさぎ )の 唐縮緬 ( とうちりめん )の 兵児帯 ( へこおび )を 〆 ( し )めてたわ。

もっと

泉鏡花 化銀杏

今度は小娘が花漬を売りに来た。 私は自分が果して異状体質者であるか否か、其道の人に診断して貰ったことがないので知らないが、特異な癖があって、体を適当 若 ( も )しくは少し過度に動かしながら、苦痛にならない程度で 而 ( しか )も肉体により多く影響を及ぼす自然現象から絶えず強い刺戟を受けている際、或人の曾て大いに自分を感動せしめた或行為に就て 考 ( かんがえ )を集中していると、次第に全身に血潮が漲り溢れるように感じ、それに平行して漸次に快い気持になり、同時に体がふわりと軽くなるように覚えて、血も肉も骨もそのこころよさの中に溶け込み、はては全身が軽い透明な気体と化し去って、残るのは唯恍惚たるこころよさのみという経験をしばしば繰返している。 ま、どうしようと思ったわ。 此時は仏本行経と所行讃経の美しい文をふと思い出したのが原因であったように記憶している。 大きな眼鏡のね、 黒磨 ( くろずり )でもって、眉毛から眼へかけて、頬ッペたが半分隠れようという黒眼鏡を懸けて、希代さね、何のためだろう。

もっと

往事茫々【おうじぼうぼう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

お貞は手に取りて中を 覗 ( のぞ )き、 「何だ、けも残しゃアしない。 余り期待が大きかったので、これなら規模は小さいが、岩は寧ろ一之関の 厳美 ( いつくし )渓の方がよいと思わず独語したのは、少し 当 ( あて )のはずれた 腹癒 ( はらい )せに外ならない。 もう擬う方なき登路である事が判明した。 其路筋は恐らく五万の図に記入されているものであったろう。 立身出世だけが人生ではないでしょうが、若いころは、将来に対するそれなりの夢を抱いて生きていくことは大事だと思います。 明る朝は少し荒れ模様であったが、日が出ると静穏になった。 上松で見たものも大抵似たり寄ったりで、なかのりさんで名高い木曾の、しかも其頃の風習としては、興のさめる七夕祭りであると思った。

もっと

細々たる翻譯成中文,細々たる的中文意思,日翻中

八千六百尺の標高は、少しでも山を高くしたい 贔負目 ( ひいきめ )から、『風景論』のものを採用しないで、何処かで瞥見した地質調査所発行の中部地質図に、等高線が二千六百米となっていたように思ったので、 夫 ( それ )に従ったものらしいが判然した記憶がない。 「ホウ、ちゃんと用意がしてあるんだね」 初めてむずかしい顔がほころびて、重い口から語られた所に拠ると、一昨日櫓に落雷して二人の測量手が感電し、一人は即死一人は瀕死の重傷を負うたのを、昨日漸く麓へ運び下ろした、一人では予定の通り仕事が 捗 ( はかど )るまいと案じられる。

もっと

往事茫々【おうじぼうぼう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

建てて数十年を経たる古家なれば、掃除は 手綺麗 ( てぎれい )に行届きおれども、そこら 煤 ( すす )ぼりて余りあかるからず、すべて少しく陰気にして、加賀金沢の市中にてもこのわたりは浅野川の河畔一帯の 湿地 ( しけち )なり。

もっと

たる翻譯成中文,たる的中文意思,日翻中

僕のおばあさんにもね、 姉様 ( ねえさん )、 髯 ( ひげ )が、(お孫さんも出世前の 身体 ( からだ )だから、 云々 ( うんぬん )が着いてはなりますまい。 岩頭に踞してしばし疲れたる足を休む。 夫を六十度余りも傾きながらガッシリと受け止めた線の膨らみ、まるで青竹を 撓 ( たわ )めたようである。 )といってみても返事をしない。 邪慳 ( じゃけん )じゃあないかね。 然し必ずしも条件が全部揃う必要はない、例えば座敷に端坐して上半身を左右に動かしているだけで充分なこともある。 刀利権現に着いたら、右へ尾根伝いに行きさえすれば、間違なく頂上へ出られると主人から聞いていたので、痩せた岩尾根が右へ曲る頃から注意して四辺に眼を配ったが、霧で何も見えない。

もっと