セリカ 1600gt。 【昭和の名車 33】トヨタ セリカ 1600GT(昭和45年:1970年)

シリーズ唯一のDOHCエンジン搭載 セリカ 1600GT 2

スラントノーズ式のフロントマスクは歴代セリカの中でももっとも人気が高いもののひとつで、クリアのレーシングジャケットとGT専用のハニカム模様のグリルが気分を盛り上げる。 Aはアドバンスを意味する。

もっと

セリカ1600GT~2T

そのセリカの鮮烈なスタイリングに、当時のクルマファンは度肝を抜かれました。 ウォークスルー• この2T-G型エンジンには、ヤマハ製のシリンダーヘッドが組み合わされていました。 110psから115psに出力が向上。

もっと

トヨタ セリカ 1600GT (初代 A20/30 1970

1,600cc・DOHCのエンジンが2T-GEUからに変更。 販売期間 1977年 - 1981年 5人 2ドア 3ドア 直列4気筒 2. 障害物センサー• その他、エンジン関係の変更点としては、シリンダーヘッドガスケットのメタル化や、シリンダーヘッドの形状変更、バルブ挟み角の変更、ピストンの軽量化、インジェクター噴射口数の増加、ダイレクトイグニッションの採用など、枚挙に遑がない。 先ず75年のマイナーチェンジで、1. まさに、世界に1台しかない自分だけのクルマを発注することができたわけです。 2】 今回の取材車両のオーナーである野﨑喜文さんがトヨタ1600 GT5を手に入れたのは、37年前。 に登場。 エクステリアやインテリアだけではなく、エンジンやトランスミッションなども自分好みに組み合わせることが可能で、さらにオプションも加えると2000万通りの組み合わせが可能でした。 このスペシャルティーカーというカテゴリーは、1950年代半ばにアメリカに登場しました。

もっと

初代セリカワンテール

カーナビ:-• 前年のに出品された・EX-1 をベースとしている。 「天上の、神秘的な、神々しい」という意味のの celicaから その他 [ ] トヨタでは工場見学記念品として、見学に来た子供向けにモデルカーを配布しており、2014年現在は3代目がモデルとなっている。

もっと

セリカ(1978年1月~1981年1月) クーペ1600GTラリー

オットマン• ツインカム・ターボエンジン搭載の市販車は全て前者で、GT-TSは改造度の高さとラリー競技での整備性の高さから固定型サスペンションを採用していた。

もっと