医療 情報 を 取り扱う 情報 システム サービス の 提供 事業 者 における 安全 管理 ガイドライン。 第614号コラム:「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における 安全管理ガイドライン」(案)のポイントについて」

「新型コロナ時代の医薬・ヘルスケア分野における個人情報規制」と題して、アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士 中崎 尚氏によるセミナーを2020年12月21日(月)SSKセミナールームにて開催!!|株式会社 新社会システム総合研究所のプレスリリース

お申込みは、当日12:30まで承ります。 医療機関等との契約等に基づいて医療情報システムやサービス(以下、「医療情報システム等」といいます。 <4>質疑応答は原則として収録録画からカットされます。 なお、これらの取組は内部監査、または外部評価によりその妥当性・合理性を定期的に検証することが明示的に求められており、客観性の高さが必要となる。 図:「医療情報システムのセキュリティガイドライン準拠支援サービス」の流れ 本サービスの詳細については、次のWebサイトをご参照ください。 (照会先)保険局保険課• 講義項目 <前半>:講義1. )によって、医療情報の安全管理について必要な対策等を規定してきました。

もっと

【ライブ配信受講可】「医療情報を取り扱う情報システム・サービス提供事業者における安全管理ガイドライン」「3省2ガイドライン」の勘所【JPIセミナー 6月16日 (火)開催】|JPI日本計画研究所のプレスリリース

1.3省2ガイドライン体制の開始 ~3省4ガイドライン、3省3ガイドラインから何が変わったのか ~日本企業にはどのようなリスクが潜んでいるのか 2.個人情報保護法改正と今後の展開 ~2020年6月の改正のポイントとその影響 ~「個人情報保護制度の見直しに向けた中間整理」 3.新型コロナ時代における個人情報保護の議論の深化 ~「COCOA」導入で何が議論されたか ~グローバルな研究情報交換の難しさ 4.医療ビッグデータ・ビジネスの拡大 5.質疑応答/名刺交換 【お問い合わせ先】 新社会システム総合研究所 東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F Email: info ssk21. 本セミナーでは、新ガイドライン検討委員会の委員として参画した立場より、前半では新ガイドラインのポイントを裏話とともに解説し、後半では新ガイドラインに実務的に対応するための合理的なアプローチをワークショップ形式で習得頂く。 不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。 )を提供する事業者のみならず、医療機関等と直接的な契約関係のない事業者も、医療情報システム等のサプライチェーンの一部としてシステムやサービスを提供している場合は、本ガイドラインの対象事業者となりますので、サービスの一環として顧客の医療情報の取り扱いをされている事業者におかれましては、一度本ガイドラインの内容をご確認いただくことをお勧めいたします。

もっと

厚生労働分野における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン等

同検討委員会における検討結果等を踏まえ、令和2年3月6日(金曜日)から同年4月6日(月曜日)まで意見を募集した結果、17者から意見がありました。 [ii] 医療分野のサイバーセキュリティに関するコンサルティング実績の例: ・医療分野におけるサイバーセキュリティ対策調査一式(厚生労働省) ・医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン(案)の修正作業(総務省) [iii] 低減・回避・移転・保有: リスク対応では、リスク評価の作業で明確になったリスクに対して、どのような対処を、いつまでに行うかを明確にします。

もっと

第614号コラム:「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における 安全管理ガイドライン」(案)のポイントについて」

近年、情報サービスの提供形態の多様化により、医療情報システムの提供事業者が「情報処理事業者ガイドライン」と「クラウド事業者ガイドライン」の両方を参照して対応する必要が生じていることから、2つのガイドラインを統合・改定することとしました。 本ガイドラインの適用対象となるか否かの判断、及び具体的な対策につきましてお困りの際にはお気軽にご相談いただければと存じます。 以下「情報処理事業者ガイドライン」という。 近年、情報サービスの提供形態の多様化により、医療情報システムの提供事業者がこれら2つのガイドラインの両方を参照して対応する必要が生じていることから、2つのガイドラインを統合・改定することとしました。 今般、「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)を取りまとめましたので、令和2年3月6日(金)から同年4月6日(月)までの間、同ガイドライン案に対する意見を募集します。

もっと

「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見の募集

総務省及び経済産業省では、「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン(第1版)」及び「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン(第2版)」を見直し、2つのガイドラインを統合・改定するため、令和元年8月から両省が合同で「医療情報を受託する情報処理事業者の安全管理ガイドライン改定検討会」(構成員はのとおり)を開催し、検討を進めてまいりました。 医療情報システム等のセキュリティ管理は、決して事業者のみで対応できるものではなく、ユーザによる協力(能動的な関与)も不可欠である。 jp TEL: 03-5532-8850 FAX: 03-5532-8851 URL: 【新社会システム総合研究所 SSK について】 新社会システム総合研究所 SSK は、1996年12月6日に設立、 創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する 情報提供サービスを主な事業としております。 以下「クラウド事業者ガイドライン」という。 お申込みは、当日12:30まで承ります。 さらに、「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドラインFAQ」については別紙4のとおりです。 「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見の募集• 総務省及び経済産業省では、医療情報を電子的に作成し保存する際の安全を確保するため、医療情報システムの提供事業者に対して、ガイドラインを各省ごとに定めてきました。

もっと

「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」を策定(総務省、経済産業省)

具体的には、医療情報システム等における情報の流れを整理し、そこに潜むリスクを洗い出した上で、これらのリスクの管理方針を事業者として精査・決定するとともに、その方針を内外の環境変化に応じて継続的に見直すといった、リスクマネジメントプロセスが求められている。 上述のように、統合ガイドラインでは、医療情報の流れに着眼したリスクベースなセキュリティ管理水準を維持するための「リスクマネジメント」、及び事業者としてのリスクマネジメントの取組についての共通理解をユーザとしての医療機関等と醸成し、事業者/ユーザ一体となったセキュリティ管理態勢の妥当性について合意形成を図る「リスクコミュニケーション」が大きなポイントとなっている。 当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。 NRIセキュアは、今後も情報セキュリティ対策支援を通じて、医療分野のデジタル化の推進と、安全・安心な社会の実現に貢献していきます。

もっと

「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見を募集します (METI/経済産業省)

また、個人情報全体のルールである個人情報保護法についても、2020年6月に3年ぶりの大改正が行われたのみならず、2020年10月末には、「個人情報保護制度の見直しに向けた中間整理」のパブリックコメントの募集結果も発表され、ここでは、医療分野の規制統一にも言及されるなど、医薬・ヘルスケア分野への一定の影響も想定されている。 事業者向け新ガイドラインのポイント<後半>:ワークショップ1.リスクマネジメントの方法 (1)情報流の整理・リスクアセスメントの水準 (2)リスク対応一覧の作成方法2.リスクコミュニケーションの方法 (1)医療機関等向けの情報開示の範囲・水準 (2)医療機関等との合意形成の手続3. 3.資料一覧• <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意が でき次第、視聴用URLをお送り致します。 不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。 トピックス• これらが、いわば数年前からのスケジュールに沿った、ある意味予定調和の事象であるのに対し、2020年初頭には全く想定されていなかった事象である新型コロナの大流行によってあらゆる分野が席巻された。 本件に関する問い合わせ先 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 企画官 川口 担当者:山田、植松 電話:03-3501-1511(内線 4041~4043) 03-3501-1790(直通) 03-3501-0315(FAX) メール: 商務情報政策局 情報産業課 ソフトウェア・情報サービス戦略室長 田辺 担当者:飛世、高野、月岡 電話:03-3501-1511(内線 3981~3987) 03-3501-6944(直通) 03-3580-2769(FAX)• 今回の改定内容について、当該ガイドライン検討会の委員として参画した立場から、どのようなポイントが求められているかの解説を行う。

もっと

「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)に対する意見の募集

講 師 <略歴> 上智大学外国語学部卒業後、大手生命保険会社のシステム関連会社において、システムエンジニアとして、医療系システムのアプリケーション、及びネットワークインフラに係る設計・開発・運用に係る管理責任者を務める。 受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。 <2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを 開催日の2営業日前にお送り致します。 今般、本検討会における検討結果等を踏まえ、「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(案)(別紙2(PDF))を取りまとめましたので、同ガイドライン案に対する意見を募集します。

もっと