柿沼 康二。 武田双雲さん双龍さんと柿沼康二さんはアーティストとして並び立つ方々なのでしょ...

武田双雲さん双龍さんと柿沼康二さんはアーティストとして並び立つ方々なのでしょ...

「君は昔から竹を割ったような性格でした。 その先生がいなかったら、本当に学校を辞めていたと思います。 ゴールがあればその目的に向かって走れるけど、そこに到達した後はまた迷うものです。

もっと

柿沼康二 書の道 “ぱーっ”

その出会いがあまりに大きくて、大学進学のときも書以外に学びたい学問はありませんでした。 書家だったら、「書いているのに書いていない。 ですから僕がやっていることが、これから書をやっていく若い人たちに一石投じられればいい。 1970年栃木県生まれ。

もっと

柿沼康二

噺家であれば、普通に喋っていても面白い。 「書はアートたるか、己はアーティストたるか」の命題に挑戦し続け、伝統的な書の技術と前衛的な精神による独自のスタイルは、書という概念を超越し「書を現代アートまで昇華させた」と国内外で高い評価を得る。 柿沼康二さんの作品を見てもそれはありません。 His work has been shown around the world including the United States where he recently had his first solo exhibition at Resobox Chelsea Gallery New York. 書道自体がどのようなものかが非常に難しいことですが、果てしなく奥深い鍛錬が一生必要な芸術です。 『柿沼家の中で僕にはこれという秀でたものがなかったのです。 小さいころは全く手のかからない子供だったようです。 それが27歳のときでした』 柿沼さんにとっての行き先が、なぜ、ニューヨークだったのだろう。

もっと

柿沼康二とは

そんなところは父親譲りだと思います。 先生は「おお、ちび。 いわばサラブレッド的な経歴から転じて、現在のような独自表現の道に進まれたそうですね。 そして、灰になる前に、「生まれてきてよかったなあ」そう言い切れる人生を送りたい。 最終的には「そっと強い」表現をしたい。 今後の活動はこちらからご報告させていただきますので 引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。 どこに行っても、「この学校には校長がふたりいる」と言われていたそうです』 ある番組に出演中の柿沼さんに、高校時代のその先生からFAX が届いた。

もっと

柿沼康二とは

僕に教わりたくて転校してきた生徒までいました。 今年はNYのResobox Chelsea Galleryで米国で初の個展を成功させた。 、ケネディセンター(ワシントンDC)、、、アース・セレブレーションなどでパフォーマンスを披露。 低温やけどするような、周りにいる人がジワジワという熱を感じるような、そういう熱を出せる人間になりたいです。 筆力をつけるために一番筆がひっかかって書きにくいものでお稽古をするのです。

もっと