穿っ た 意味。 「うがった見方」の正しい意味

「穿つ(うがつ)」「穿った」とは?意味や正しい使い方などを解説!

「穿」は音読みだと「セン」、訓読みだと「うがつ・はく」と読みます。 詮索する=疑ってかかる、と解釈するのではないでしょうか。 「彼の話は真相を穿っている」といった使い方もします。 本質を突いた視点• 穴を通す、穴を掘る• ですが、調査では、2の「笑いも出ないくらいあきれる」と誤答した人がなんと60. 「うがった見方」を漢字で表記致しますと 「穿った見方」となります。 なぜこのような誤解があるかといえば、 「穿ち過ぎ」という言葉があるためでしょう。

もっと

「うがった見方」とは? ~「穿つ(うがつ)」の誤用と正しい意味と

年代別のグラフでも,全ての年代で(イ)を選んだ人の割合が(ア)を選んだ人より明らかに高くなっています。 「うがった見方」は「ひねくれた」とほぼ同義で捉えていたのです。 「穿つ」とは本来、「穴を掘る」「貫く」という意味の言葉。 「うがつ」ことが行き過ぎた様子を表す言い方に「うがち過ぎ」があります。 物事の本質を見よう,うがとうとして物事を掘り下げていった結果,度が過ぎてしまえば,事実から外れてしまいます。

もっと

「穿った見方」は褒め言葉? 正しい意味について解説

「穴を開ける」ということから転じて「深く掘り下げる・本質を見抜いて的確に捉える」といった意味も生まれました。 また、比喩的に欠員や欠損ができることも「穴が空く」と言いますが、この意味での「穴が空く」も「穿つ」で表すことができます。 元の意味はこういうことだ。 > 問1 「うがった見方をする」とは,本来どのような意味なのでしょうか。

もっと

誤用だ誤用だ! 「うがった見方」とは?

また,「うがった見方」で,ある事柄についての真相に近付こうとすれば,普通は気付かないような事情にまで立ち入ることもあるでしょう。 これが、言い回しを略して、「穿った見方」になったのでは? つまり、正しい表現は「穿ちすぎた見方」ではないかということです。 6%と,他の年代に比べて高くなっています。 あいつは「うがった」見方をすることがあるから、賢いところがあるんだろうな。 「穿」は「穴」と「牙」という字で成り立っていますが、もともと住居としての穴を牙で開けるという意味から生まれた漢字です。

もっと

「穿った見方」は褒め言葉? 正しい意味について解説

次回以降も、乞うご期待! 参考:. スカートを穿く• net その使い方で大丈夫?間違えやすい日本語「穿(うが)った」の本当の意味とは サンキュ! - 09月29日 10時00分 「うがった」の使い方、どちらが正しい? 今回は、「うがった」という言葉の使い方について考えてみましょう。 もう少し掘り下げて・・・ 「うがった」は「良いこと」なのか「悪いこと」なのか。 もとは良い意味だったようなので、悪い意味で使っている人に「それは誤用だよ、間違った使い方だ」って言ってしまう人もいそうですが、言葉の意味は時代で変遷していくと言われているし、誤用の方が意味として広まってしまっているのなら、結局そういう意味で取られてしまいます。 あらゆる事柄に惑わされず真相を探る様は、「穿つ」の誤用「疑って掛かるような見方をする」が広まった要因といえるかもしれません。 「雨だれ、石(岩)をもうがつ」ということわざもありますし。

もっと

「穿った見方」の意味、説明できる?「ひねくれた見方」は、間違い

そして「穿つ」とは 「穴を掘る」「穴をあける」「貫く」という意味です。 比喩的に,突き抜けて進む。 では、「穿った見方」と聞くとどんな意味をイメージするでしょうか。 「履」は「草履」「弊履」と用いられているように、「下足、はきもの、くつをはくこと」を意味します。 また、突き通す。

もっと

「穿った見方」とは?意味や類語!表現の使い方

誤解されがちですが、ひねくれて斜に構えた意見というわけではありません。 一種の皮肉、批判と取れる使い方をされますね。 「失」には、なくすという意味のほかに、しくじる、あやまつ、という意味があります。 また、「穿つ」という言葉を用いた言葉の一つに「穿ち過ぎ」というものがあります。 足先を守るものを身につけることを表す場合に「履く」を使います。 知られていないところを暴く」という意味の類語 詮索<せんさく> (意味:細かいところまで、調べ求めること。

もっと